特許事務所の力を借りて会社を起こす?

大規模な企業が最先端の技術の発明について特許申請する場合には、その分野に深く通じた専門の弁理士などがすでに企業内に存在して、特許の申請を行えるシステムになっている場合もあるようなのですが、主婦が考えついたいわゆるアイデア商品などの場合には同じ特許申請とは言ってもずっとわかりやすくまた接しやすいものになるのかもしれません。

せっかく特許事務所などのサポートを得て主婦が自分の発明について特許を取ることができたのであれば、いっそのこと自分で会社を起こしてしまう方が利益を確保する上では場合によっては有利な方法になりうる可能性もあるように思えます。もちろんリスクは伴うでしょう。

「えっ、主婦が起業家に?」と驚かれるかも知れませんが、実は以前と違って現在では会社を設立することはそれほど面倒なことでもないようなのです。株式会社を設立する際には設立者が1人いるだけで起業できるようです。また昔は敷居の高かった資本金でさえ、極端な例では1円からでも会社を起こすことが可能となっているようです。

特許事務所の力を借りて特許申請・出願した結果、素晴らしい発明で特許を取ったら後はなるべくコストをかけずに製品化することを考えてみてはどうでしょう。念願の商品が出来上がったら、さまざまな機会を利用して売り込んでみては。これも最近ではインターネットを有効に利用すれば、あっという間に優れモノは売れる可能性もありうるようですから口コミや掲示板などを最大限に利用してみるのもいいかもしれません。

自分でホームページを作って商品を販売すればもうそれだけで立派な会社が出来上がったと思い込んだりして…。その日から自宅のリビングやキッチンが会社に変わったなんて思い込んだりして…。でも、なかなか商売って思い通りにはいきませんよね。特許を取れたからといってその商品が売れるとは限らないのはいうまでもないようです。ご注意を。

特許を提供する人と特許を導入する人とを結ぶ 開放特許情報データベース

QLOOKアクセス解析
知的財産の報告