特許事務所の品格とは

ある友人が自宅マンションを購入した際の話です。司法書士事務所を通じて登記の手続きを行いましたが、実質的に手続きの仕事を行ったのは、まるで学生のような見るからに経験も自信も無いようなスタッフであり、がっかりしたと言うことでした。司法書士や弁護士などと言った専門家に手続きを委任する場合、ひじょうに高い報酬を支払うことがあるようです。そうであるにもかかわらず、まるでアルバイトのようなスタッフに仕事のほとんどが任せらたのではたまったものではありません。

特許事務所では弁理士が中心となって特許や実用新案、意匠、商標などの手続きを主に行います。事務所にもよると思いますがやはり仕事を依頼する場合には結構な金額がかかると思います。となればやはり特許事務所においてもしっかりと弁理士の資格を持った所員に対応して欲しいと思うのが当然というものではないでしょうか。

評判の良い特許事務所というのはこうした点に関しても徹底した対応を行うのではないかと思います。大切なお客様のアイデアを弁理士の資格を持たない見習いなどにほとんど任せることがあってほしくありません。

特許事務所に勤務している弁理士の中には発明の最先端の情報などに熟知している人もいるようです。顧客が新技術の発明などを事務所に持ち込むと、弁理士は豊富な知識やデータをもとにして、その新技術のどの部分が特許に値するのかを吟味してくれます。つまり特許とはこうした発明者と特許事務所の弁理士とのコラボレーションによって生まれることが多いのではないでしょうか。

こうした非常に重要な場面でアルバイトや見習いなどにすべて対応させるようでは事務所の品格が疑われてしまうでしょう。さいわい特許事務所に関してはほとんどそうした杜撰な話を聞くことはありませんが。

その一方で、弁理士試験は近年かなり容易化されてしまったことなどもあって、弁理士の資格があるからといってきちんと仕事をこなすとは限らないと思ったほうがよさそうです。弁理士だからといって信じきってしまうのはやめたほうがよく、依頼する側もチェックを怠らないことが大切です。

QLOOKアクセス解析
知的財産の報告