特許事務所に依頼して特許権を取ったその後は

素晴らしいアイデがひらめいてすぐさま特許事務所に駆け込み、特許申請をしてみたらみごとに特許権が取れました。さあこれからが最も重要なところです。特許権というものはあくまでも「権利」ですから特許事務所に頼んで特許権を取れてもそれだけではお金になりません。個人で申請しても特許事務所に依頼して申請しても、特許権がすんなり取れたと言うこと自体喜ばしいことなんだろうとは思うのですが、こうして取れた特許権を活かすには企業に自分の特許を取得した技術を売り込むなり、自分で商品を製造して販売するなりして「営業」しなければなりません。

特許権を取得できたあなたの技術が即効性などがあるものであればスポンサーを捜して見つけることがもしかすると可能かもしれません。また製造コストのあまりかからない便利グッズなどであれば工場などに頼んで製品化してしまうことも可能かもしれません。

いずれにしても特許権を取得した商品、技術、アイデアを用いて主婦がお金を儲けることは一般的に想像されるよりも非常に難しいことのようです。

企業によっては優れた技術であれば特許ごと高額で買い取ってくれることもまれにあるかもしれませんが、ここで充分に考える必要があるようです。せっかく特許事務所と協力して取得した特許の権利そのものまで企業に渡してしまっては、即金は得られるかも知れませんが長い期間に渡って収入を得ることはできなくなります。この場合、売上金から数パーセントを受け取るような契約をしておくことで、特許の権利をあなたの手元に残したまま、商品が売れた分だけ毎回収入を得る方法が有利になる可能性があります。

現実的には主婦が特許をネタにして企業に相手にしてもらうのはなかなか難しそうです。門前払いされることを覚悟してのぞむ必要がありそうです。

QLOOKアクセス解析
知的財産の報告